この世とあの世とあっちとこっち。(2016/10/23)

世界は戦争だらけ

大きい戦争が減っただけで、小規模な紛争はいくらでもあるわけです。それも、小規模といっても、その場ではとんでもなく残虐。昔からの経緯がたくさんあって、あいつが悪いだのあの国がダメだのあおのへんが勝手に線を引いただのうまいこと利用しただのね。

日本は見た目、平和が続いてるけど、この先はわからない。そういう方向にあるでしょう、きっと。自然災害はずっと断続的に起きてて収まらない。災害というのはそういうものなんだっていう意見もあるけど、多分そういうことなんだろうと思います。たまに落ち着いてるように見える時代もあるだけど、そうじゃない時代も当然あるし、これまでも天変地異だらけでした、地球は。宇宙空間に浮いてて、地面にはぐるぐるマントルが回ってたりしてて、そりゃ、地震ぐらいいくらでもおきるでしょ、ってな感じ。

そんな中、やっぱり、人間同士で争うし、環境もいじめちゃう。でも、ほっといてもぐらぐら揺れてぼこぼこになっちゃうんだから、あんまり大切にするのも意味がないんじゃないかっていう気もするし、結局、ニンゲンのために大事にしてるだけじゃん。紛争も、あいつら気に入らないというプリミティブな原因から、うまいこと儲けてやろう、うまいこと利用して自分たちを有利にしてやろうというのまであって、そういうもんですね。

何が見えるの?

人は見たいものを見てるわけですよ。見たくないものは見てません。いやいや自分はお化けなんて見たくないのに、見えちゃう、という人もいるでしょうけど、それだって、気になって気になって仕方ない。だから、見ちゃう。それは、好きなのと一緒です、脳にとっては。

同じことで、とにかく人間の欲望っていっぱいなので、他人の迷惑になるようなことも平気で見ようとするし、何かが見えちゃうと実現しようとする。それって迷惑ですよ、っていうのは全然関係ないのね。そういうのって、結構すごいことで、えらい実現能力もってるよなとも思う。

お金が欲しくて仕方ない人はいくら稼いでも飽きないでもっともっとになる。権力が好きな人は、とにかく人をあごで使いたくなって、そのためには何でもしちゃう。死ねば終わるのに。そんなことより、もっと意義深いことに熱中したら?とかそんなの聞く耳持たない。で、そういう人って、死んだ先にも何かあるんだって思ってるんだろう。じゃなきゃ、こんなことできないじゃんって。

でも、そこまで考えてなんだろうな。そっちが正しそう。少しは死ぬことも考えた方がいいのに。あとは死んだら終わりだから、死ぬまでにこれだけのことをしておきたいとかいうのもあるみたいですね。それは、それで理解できなくもない。生きている間にでっきるだけこれをやっておきたい、食べておきたい、それは逆にちゃんとわかってるのかもしれません。

ただ、どんなに気持ちよくて、楽しくて、満足できることだったとしても、それだって、死ねばなくなるんじゃん。何も残らないうえに、そもそも、人間の感覚って存在しないし。色が見えるっていっても、そんなものが存在しないわけです。ただの波長の違う光を色という感覚で見てるだけで、世界はほんとは色なんてない。そこがわからないとそもそも話にならない。

当然、匂いなんてのもない。なんかの物質を嗅覚というもので感じてるだけで、匂いなんてものは存在しない。たまに、半径10mぐらいに体臭を撒き散らしてるおっさんとかいて衝撃を受けるんだけど、あれだって、匂いというより何らかの物質を撒き散らしてるわけで、そう考えるとさらにすごいなって思うしかない。あんなのを職場でそばにいたら辞めるしかなくなるだろうな、と。自分で気づいてないっていうのがさらにすごいけど。でも、そんなもんなんだよね、感じる能力が足りなければそうなる。逆に能力が高すぎると大変なことになる。

だから、見えるとか、匂えるとかも、敏感すぎると大変で、実際大変でしょ?電波を感じちゃうとかさ。ほんとに電波を感じるのかどうか知らないけど、何かを感じる。他人にはわからないし、それは霊でも同じ。鈍感で感じない人にはなーんにもわからない。

全身麻酔の思い出

無。

無。

無ですよ。

理屈では死んだら終わりで何にもないんだって思ってるんですけど、全身麻酔はすごいなって思ったし、今思い返しても怖い感じがあるんですよね。

寝てる時って、一応意識が無い感じになるわけじゃないですか。夢も見るし、眠りが浅くなってふわーっとしてるけど気づいてたり、寝がえり打つし。

それが、全身麻酔始めますよーって言われて、はい、って答えた後、次に覚えてるのは呼びかけられて意識を取り戻して、周囲がわーわーうるさかったっていうことだけ。

臨死体験の話だと手術中に手術術台の上から手術されてる自分が見えたとかも聞くんだけど、まーったくない。なーんにもなかった。

これ、死んだのと一緒だな、と今になって思うんだな。

死んだらこうなるんだって思う。

ほんとに何にもなくなる。その瞬間、金があろうが異性にもてようが偉かろうがすべて不要になっちゃう。

ま、全身麻酔ってほんとに醒めないで終わっちゃう人もいるらしいんだけどね..。

だから、ちゃんと生きようとも思うんだな。もちろん、できるだけ好きに生きるってことになって、だからってなんでも、ってことじゃない。人の迷惑になるようなことは極力したくないし、その中で愉しく面白く生きていきたいと、そう思います。

それが結論、っていうのも、いかがなものかと思うけど、そこですよ大切なのは。

ま、ネットで書く人もいるけど、書かない人でも、年下の後輩とか子供とかと酒飲んだりするとあれこれ偉そうにしゃべるじゃん。そんなのなんんだろうな、このネット活動も。でも、まーだいたい言いたいことは要ったかなっていう気もする。あとは、聞きたい人だけに説明してあげればいいかな、って。無理に書き続けても別に興味持ってない人にはぜーったいに届かないんだから。

以上

Oct 23, 2016
>
Copyright Hatakeyma Motohiro 2016. Design by elemis. All rights reserved.